​ペット供養

浄土寺 通称ねんねこ寺は子どものお寺として古くから親しまれてきたお寺でございます。

今の世の中ペットもまた我が子です。

家族の一員として大切に育てられ、苦楽を共にしたペット達との別れは辛いものです。

当寺はその悲しみを少しでも和らげるお手伝いができたらと思っております。

浄土寺​ 副住職

1/1

納骨までの流れとお費用

 

 

ご家族様の思いを込めたご供養ができますよう、浄土寺での供養の流れをご紹介いたします。

 

​ご遺体

​ぺット葬儀社(火葬)

​納骨式

​※希望者のみ

 

 ​浄土寺で納骨 

​(ペットの石板が要り用の方はご連絡くださいませ。)

 

​​葬儀式 : 三万円(希望される方はご相談ください。)

納骨 : 一万円から(お骨の量により変わります。)

 

​火葬 : ペット葬儀社にお問い合わせください。

※当寺院でご紹介もさせていただきます。

 

 

 

納骨後の流れ

 

納骨後の供養もお考えの方

 

費用について​

 

永代供養料:三万円

法要:一万円

塔婆供養料:二千円

​石板代:二万円

​供養方法のご案内

当寺院では大きく分けて二つの供養方法をとらせていただいております。

​一つ目が合同供養塔(慈しみの塔)へ納骨していただく方法、二つ目が観音堂で骨壷を安置し、供養していく方法でございます。

​合同供養塔(慈しみの塔)

家族の一員であるペットのために。

人に寿命があるのと同様に愛するペットたちにも寿命があるものです。

苦楽を共に連れ添ったペットが亡くなることの悲しみは計り知れないものです。

人の言葉が話せないぶん人の死以上に後悔の念を深く感じることもあります。

和歌山のここ浄土寺に愛したペットたちが静かに眠る安らぎの地があります。

​※ペットにも人と同じように墓石を立てたい、墓石に代わるものが欲しいという方は供養石板がございますのでご相談ください。

​観音堂

愛するペットの法要を執り行う専用のお堂です。

個別法要をご希望の場合、こちらでお経を称えさせていただきます。

また、ここ観音堂でお預かりすることもでき、お参りの際ご遺骨に逢うことができます。

合同供養塔へ納骨するにあたり気持の整理がまだできない方、ご遺骨にお手を触れたい方、できる限り皆様のご要望にお答えできればと考えております。

ご遺骨がない場合、納骨されない場合であっても回向させていただきます。遺影、遺品があればご持参ください。